カナガンキャットフードの粒の大きさは?猫が吐き出したりしない??

カナガンキャットフードの粒の大きさってどうなの?

 

カナガンキャットフードはグルテンフリー(穀物不使用)で作られたプレミアムキャットフードです♪

 

食いつきがよくカリカリっと食べる猫ちゃんは本当においしそうに食べてくれます。

 

 

しかし、

 

  • 粒が大きいと吐いちゃう猫もいるんじゃない・・・?
  • 愛猫がドライタイプの粒が苦手なんだけど食べれるかしら・・・?

 

ドライタイプに慣れていない猫粒が大きいのが苦手な猫ちゃんもいるので心配ですよね?

 

そこでカナガンキャットフードの粒の大きさや食べやすくする工夫もご紹介していきますね。

 

 

 

 

粒の大きさを測ってみました

 

カナガンキャットフードの粒の大きさを測ってみるのが一番客観的だと思ったので測定しました。

 

 

こちらがカナガンキャットフードです。

 

もともと小粒タイプで作られており、サイズは約1cm弱といったところでしょうか?

 

大きさ以外の特徴でいうと「匂い」が特徴的ですね。

 

カナガンキャットフードは人工添加物を一切不使用の無添加キャットフードです。

 

ですので、香料や着色料も使っていないので、素材本来の匂いがします。
(主原料がチキンなので、それっぽい匂いがします)

 

よく、オレンジ色や黄色のような色をしたキャットフードがありますが、あれは人工的な色をつけて猫の食いつき向上を狙っているんです。

 

しかし、猫は本来肉食動物で自然界の生き物です。
着色料や香料は自然界にはないので、素材をそのまま使ったカナガンは、添加物不使用でもしっかりと食いついてくれますよ♪

 

※食いつきについてもご紹介してます♪動画もあるので食いつき具合を見てください!

 

⇒カナガンキャットフードは食いつき100%ってマジ!?

 

 

 

他のキャットフードと比較して大きさはどうなのか?

 

カナガンキャットフードの大きさを測りましたが、他のキャットフードと大きさはどれくらい違うのかを比較してみました。

 

【比較したキャットフードはこちら】

  • モンプチ キャットフード(以下モンプチと略称)
  • シンプリー キャットフード(以下シンプリーと略称)

 

この2つを選んだ理由ですが、モンプチは市販のキャットフードでかなり有名ですので市販のキャットフード代表として選びました!

 

シンプリーはカナガンキャットフードと同じグルテンフリーの無添加キャットフードのプレミアムキャットフード代表として選びました!

 

 

 

 

 

こちらがモンプチの粒の大きさになります。

 

サイズは約1cm弱というところでしょうか。
粒によって少し大きさの誤差がありましたがおよそこれくらいのサイズでした。

 

大きさはカナガンキャットフードと同じくらいですね♪

 

 

 

 

こちらがシンプリーの粒の大きさになります。

 

サイズですが、約0.9cmくらいですね。
ですが、粒によっては大きさに誤差がありますのでほぼ同じか気持ち小さいくらいですね。

 

 

比較結果⇒ カナガンキャットフードはモンプチ、シンプリーとほぼ同等の大きさでした!

 

 

 

 子猫用と粒の大きさを比べてみました

 

 

カナガンキャットフードが成猫用の他のキャットフードと同じくらいの粒の大きさなのがわかりましたが、では子猫用と比較するとどれくらい違うのかを調べてみました。

 

【比較する子猫用キャットフードはこちら】

  • ロイヤルカナン「マザー&ベビーキャット」
  • ロイヤルカナン「キトン」

 

「マザー&ベビーキャット」と「キトン」の違いですが、「マザー&ベビーキャット」は子猫の成長前期用、「キトン」は成長後期用のキャットフードです。

 

 

 

こちらが粒の大きさの比較です。

 

左から「マザー&ベビーキャット」・「キトン」・「カナガンキャットフード」です。

 

 

やはり子猫用のほうが粒の大きさは小さく、成長前期用の「マザー&ベビーキャット」が一番小さいですね。

 

 

比較結果⇒カナガンキャットフードは子猫用キャットフードより粒は大きい

 

 

 

カナガンキャットフードは子猫に与えても大丈夫?

 

子猫用キャットフードより粒が大きいカナガンですが、

 

  • 子猫にも与えても大丈夫なのでしょうか?
  • 子猫用のキャットフードのほうが粒も小さくいいのでは?

 

愛猫がまだ子猫の場合は、吐くことも多いのできになりますよね・・・

 

 

そこで、カナガンキャットフードが子猫に与えてもいいのか調べてみました。

 

 

 カナガンキャットフードは全年齢の猫対応

 

 

カナガンキャットフードが子猫用キャットフードより粒が大きく不安になった方もいると思いますが、子猫にも与えることは可能です。

 

カナガンは全年齢の猫対応のキャットフードですので、子猫からシニア猫まで与えることができるんですよ♪

 

しかし、子猫や粒が苦手な猫ちゃんもいると思うので、食べやすくする方法を教えます。

 

 

 

 カナガンキャットフードを食べやすくする工夫とは

 

 

子猫は消化器官や歯や食道がまだ弱く、粒が大きく固いと吐き出すこともあります。

 

そこで、フードをお湯や猫用のミルクにつけて柔らかくなってから与えるようにしましょう。

 

約20分くらいつければ柔らかくなると思いますよ♪

 

子猫やシニア猫への与え方はこちらで詳しくご紹介していますのでご参考に

 

⇒カナガンキャットフード子猫|正しい与え方や給餌量とは?

 

 

子猫にもおすすめしたい理由とは?

 

カナガンキャットフードを一工夫してまで子猫に与えてほしい理由があります。

 

それは原材料成分の良さです。

 

これはカナガンキャットフードがプレミアムキャットフードと呼ばれるポイントでして、原材料はグルテンフリーで主原料は新鮮なチキンを使っています。

グルテンフリーとは穀物不使用のことです。

 

 

穀物は猫の消化に悪く『食物アレルギー』を誘発することがあります。

 

子猫は体が出来上がっていないので、免疫力も弱くアレルギーを発症することがあります。

 

 

成分は無添加で作られていますので、添加物による発がん性物質も体内に入ることはありません。

 

 

 

子猫はこれから体ができあがる大切な成長期間です。

 

そのときに、添加物や穀物、粗悪な肉で作られたキャットフードが子猫に良いわけありませんよね?

 

 

カナガンキャットフードは無添加でグルテンフリーで新鮮な素材で作られています。

 

健康で元気一杯に育つためにも、体にいいカナガンキャットフードをぜひ与えてほしいです♪

 

 

 

 

 

 

どうしてもドライフードがダメならカナガンの缶詰ウエットタイプもありますよ♪

 

「カナガンキャットフードに一工夫して与えてみたけどやっぱりドライフードが合わない・・・」

 

そんな猫ちゃんにはカナガンの缶詰ウエットタイプがあるんです♪

 

それは『カナガン チキン&サーモン』です。

 

 

 

同じカナガンのウエットフードですので、ドライタイプ同様にグルテンフリーで添加物も不使用です。

 

 

又、動物性たんぱく質も豊富に含まれているので栄養面もそこらのウエットフードとは比較にならないほどです^^

 

カナガン缶詰ウエットフードは専用記事で詳しくご紹介してますので、猫ちゃんがドライタイプの粒が苦手でしたら是非チェックしてみてくださいね♪

 

カナガンキャットフードの缶詰は何が違う!?口コミやお値段とは??

 

 

チキン&サーモンも公式サイトで購入することができますし、ネット通販の中でも最安値価格で購入できますよ!

 

もし、ウエットタイプで健康志向の高いキャットフードをご希望でしたら是非チェックしてくださいね♪

 

⇒チキン&サーモンを最安値で購入できる公式サイトはこちら