カナガンキャットフードで便秘解消!おすすめしたい6つの効果とは?

猫の便秘ってどうなるの?

 

カナガンキャットフードは無添加で作られたプレミアムキャットフードです♪

 

猫ちゃんの健康面を考えて作られているんですね。

 

 

猫ちゃんの健康問題の一つが「便秘」です。

 

  • カナガンキャットフードで便秘が解消できるのかな?
  • カナガンキャットフードは便秘に効くって本当?

 

便秘で苦しむ愛猫を助けてあげたい飼い主様は多いはずです。

 

そこで、カナガンキャットフードが便秘に効く6つの秘密を調べてみました!

 

 

 

カナガンキャットフードが便秘解消に効果的な理由とは?

 

猫の便秘には食事が大きく関係しています

 

食べたものが排出しにくいようなキャットフードですと消化されずに腸内にたまっていきます。

 

最悪の場合は、大腸の一部が壊死してしまい手術する必要があります。

 

  • 2日以上うんちが出ていない
  • 下腹部が膨らんでいる
  • 頻繁にトイレに行く
  • うんちを途中で辞めてしまう(あきらめる)
  • 少量のコロコロうんちが出る

 

このような症状がみられたら便秘の可能性がありますので早めの対策をしましょう。

 

そのひとつが「カナガンキャットフード」です。

 

ではカナガンキャットフードが便秘に効果的な6つ理由を原材料や成分から解説していきます。

 

 

 消化にやさしいグルテンフリー

 

 

カナガンキャットフードは猫の消化に悪い穀物を使用していないグルテンフリーキャットフードです。

 

グルテンフリーとは穀物を一切使用していないという意味です。

 

猫は本来肉食ですので穀物を食べる体の構造になっていません。

 

ですので、穀物を食べると消化する能力が低いため、便秘なってしまいます。

 

市販のキャットフードはコストダウンのために原材料に小麦や米、トウモロコシなどの穀類が使用されていますが、カナガンキャットフードはサツマイモを使用しています。

 

商品名 カナガンキャットフード 銀のスプーン 〜贅沢うまみ仕立て〜
原材料 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)、油脂類、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、煮干パウダー、鰹節、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥シラス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、調味料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

これはカナガンキャットフードと銀のスプーンキャットフードの原材料を比較した表です。

 

マーカーしているところが穀物です。

 

カナガンキャットフードに穀物が使われていないのがわかりますね♪

 

消化のよいカナガンキャットフードは便秘になりにくく、予防にも効果的です。

 

 

 

 善玉菌が豊富な成分が含まれている

 

 

便秘に効果的なのが「善玉菌」です。これは人間も猫も同じなんです。

 

カナガンキャットフードには、マンナンオリゴ糖・フラクトオリゴ糖が含まれています。

 

これらは善玉菌を増やす成分です。

 

 

善玉菌は腸内環境を改善してくれますので、便通がよくなることが期待できます♪

 

 

 

 2種類の食物繊維が摂取できる

 

 

善玉菌もそうでしたが「食物繊維」も猫の便秘解消にいいんです♪

 

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

カナガンキャットフードはどちらの食物繊維も摂取できます!

 

原材料で使われている海藻・リンゴ・人参には水溶性食物繊維が含まれており、アルファルファ・ほうれん草からは不溶性食物繊維が摂取できます。

 

猫は自身では食物繊維を取る習慣がないので、キャットフードから摂取できるのは嬉しいですね♪

 

食物繊維は腸の動きを活発にしてくれますので、便の排出がよくなるんです(^^)

 

 

 

 高たんぱく質でうんちを減らす

 

 

肉食の猫にはたんぱく質は必須の成分ですが、便秘にも関係ある成分なんです。

 

 

たんぱく質は消化・吸収に優れており、エネルギーに変わりやすい特徴があります。

 

うんちは体内に吸収しきれないものの固まりなので、消化・吸収をよくすることでうんちの量が減り、腸内にたまりにくくなります

 

 

 

 脂質で便通をよくする

 

 

脂質が多く含まれていると便の排出がよくなります

 

脂質の割合は15%〜20%が健康的に良いとされています。

 

カナガンキャットフードの脂質の割合は20%です。

 

 

まさに「多すぎずにしっかりと入っている」と言えますね♪

 

脂質の過剰摂取は下痢になることがあるので適した割合のフードを選びましょう!

 

 

 水分量が豊富

 

 

カナガンキャットフードはドライフードのなかで水分量が非常に高水準です。

 

市販のドライフードの多くは2〜3の水分量ですが、カナガンは 7% の水分量を誇ります。

 

猫は水分不足になると、うんちが硬くなります。

 

硬いうんちは排出しにくいですし、痛みを伴います。

 

ですので、できるだけ水を飲ませるようにするのと、水分を多く含んだキャットフードを食べさせてあげましょう!

 

 

 

 

このようにカナガンキャットフードには便秘解消に効果的な成分や原材料でできています。

 

便秘は腸内環境や食事の消化具合で大きく変わってきます。

 

便秘に困っている猫ちゃんには、便秘に効果的な食事を与えてくださいね♪

 

⇒カナガンキャットフードで便秘解消!公式サイトはこちら

 

 

 

キャットフード以外の便秘解消法とは?

 

便秘解消にはキャットフードの見直しは必須です。

 

しかし、キャットフードの切り替え以外の解消法もありますのでご紹介します。

 

 

 運動

 

 

猫は運動をすることによって消化器官も活発になります。

 

又、運動をすると水分もより摂取してくれますので消化機能が向上します。

 

あまり運動しない猫ちゃんにもおもちゃなどを使って、できるだけ運動させましょう♪

 

 

 

 毛玉を取り除く

 

 

猫は自分の体の毛玉を毛づくろいします。

 

このときに飲み込んだ毛玉が腸内にたまってしまい「毛球症」を発症する場合があります。

 

毛球症は、食欲不振・嘔吐・便秘になることがあります。

 

 

 

これはヘアボールと呼ばれる毛球症で嘔吐した際に吐き出す毛玉です。

 

こんなものが腸内にたまっていると考えると怖いですね・・:

 

ですので、できるだけ毛玉をブラッシングなどでケアしてあげましょう。

 

 

 

 マッサージ  

 

 

便秘の猫ちゃんには、お腹のマッサージをして腸の動きをよくしてあげましょう。

 

マッサージですが、猫のお腹を手のひらで「の」の字を描くようにゆっくりとさすっていきます。

 

 

このマッサージにより腸の動きが活発になり、排出する動きがでてきて便秘に効果的です。

 

マッサージをする際の注意点ですが、猫ちゃんがお腹を触られるのが嫌な場合は無理やり押さえつけてしないようにしましょう。

 

 

便秘を甘く見てはいけない!!

 

便秘は人間の症状でいえば女性がよくなる症状で大したことがないように感じますが、軽視するのは危険です!!

 

猫の便秘は時間が経てば経つほど重症になっていきます。

 

酷い状態になれば、うんちが石のように固くなります。

 

動物病院では、便秘の処置として浣腸下剤で無理矢理便を排出する処置を行います。

 

しかし、浣腸や下剤での治療も猫にはストレスになり、嘔吐や便秘の悪化など逆効果になることもあるようです。

 

又、治療でもダメな場合は手術で便を取り除く強行策しかありません。

 

手術は費用もかかりますし、術後の体調管理も大変です。
(参考に手術はおよそ3万円程度かかるようです)

 

 

 

治療・手術で苦しむ我が子は見たくないものです・・・

 

そのためにも、初期段階での対処や予防が肝心になってきます。

 

カナガンキャットフードは便秘だけでなく健康そのものを作るために考えられたキャットフードです。

 

「我が子にいつまでも健康で元気にいてほしい」

 

そんな心優しい飼い主様にぜひとも選んでいただきたいキャットフードです♪

 

 

 

 

関連ページ