カナガンキャットフードで毛玉を撲滅!吐かなくなる4つの秘密とは?

猫の毛玉は健康状態が関係している!?

 

カナガンキャットフードは猫の健康を考えたキャットフードです。

 

 

原材料に穀物や添加物を使用せず、品質の高いチキンをしようするなどのこだわりが詰まっています♪

 

実は健康面が良くなれば猫ちゃんの毛並みがよくなり、毛玉吐き出すこともなくなります!!

 

  • ずっと毛づくろい(グルーミング)をしている・・・
  • 毛並みが悪い状態が続いている・・・
  • 毛玉をよく吐き出してしまう・・・

 

このような状態は体の危険なサインかもしれません(゚Д゚;)

 

ここでは、カナガンキャットフードで毛玉を吐かなくなる秘密や毛並みが悪い状態の危険性などをご紹介していきます。

 

 

毛並みが良くなる4つの秘密とは?

 

愛猫の毛並みの状態はどうでしょうか?

 

  • 毛割れが起きて、ボサボサになっている
  • 乾燥してパサつき、しなやかさがない
  • ごわついていてしっとり感がない
  • 毛がうねって見た目が悪い
  • べたついていて、潔さが目立つ

 

一つでもこのように感じたなら毛並みの状態はよくないと考えてください。

 

そうなると必然的にグルーミング(毛づくろい)の回数が増え、毛玉ができやすくなります・・・

 

 

毛並み悪化の原因は「老化」「手入れ不足」「栄養不足」が挙げられます。

 

「老化」と「栄養不足」に関係しているのが毎日食べるキャットフードなんです。

 

では、カナガンキャットフードが毛玉ケアに良い理由をご紹介していきます。

 

 

 

 オメガ脂肪酸が含まれている

 

 

猫ちゃんの皮膚や被毛を健康に保つ成分に「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」があります。

 

市販のキャットフードにはなかなか入っていない成分ですが、カナガンキャットフードにはしっかりと含まれています。

 

オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにしてくれ、栄養をきちんと届ける働きが生まれます。
体に栄養がしっかりと吸収できることで毛並みもきれいに変わっていきます。

 

 

オメガ6脂肪酸は、不足すると皮膚が乾燥しパサついた毛並みになってしまいます。

 

このオメガ脂肪酸は体内で生成できない成分ですので、食事からの摂取が必要です。

 

 

 

 アレルギーの原因になる穀物不使用

 

 

キャットフードによく使われる穀物には、トウモロコシや小麦、大麦などがあります。

 

これらの穀物は猫の消化に悪く食べ続けると「穀物アレルギー」になってしまう猫もいます。

 

アレルギーが発症してしまうと、嘔吐・脱毛・皮膚炎・かゆみかぶれの症状がでてしまいます。

 

もちろん、健康状態がもろに現れる体毛にも悪影響が出てきます。

 

 

穀物不使用のキャットフードはグルテンフリーキャットフードと呼ばれます。

 

カナガンキャットフードはグルテンフリーで人工添加物も使われていないので、アレルギー発症の原因を抑えたフードなんですね♪

 

 

 

 健やかな毛並みになる栄養が豊富

 

 

猫のキレイな毛並みにはしっかりとした栄養が必須です。

 

特に「たんぱく質」「ビタミンA」「ミネラル」は毛並みを保つ・きれいにする栄養素です。

 

 

カナガンキャットフードは、ヒューマングレードと言われる人間が食べることも可能な品質のチキン肉を使用しており、良質で非常に高たんぱくです。

 

たんぱく質は摂取した30%程が毛並み・皮膚を作るのに使われるほど重要な栄養です。

 

又、サツマイモ・にんじん・リンゴ・ほうれん草が使われておりビタミンAを含むビタミンが豊富に含まれた原材料が使われています。

 

ミネラルが豊富な海藻も原材料に使用されていますよ!

 

 

カナガンはこれら3つの成分がしっかりと含まれているので、猫の毛並みに良い栄養がしっかりと摂取できるようになっています♪

 

 

 

 必須アミノ酸が含まれている

 

 

毛玉ケアには栄養が重要とご紹介しましたが、アミノ酸も同じくらい大切なんです。

 

カナガンキャットフードには必須アミノ酸のタウリンが2,200mg/kg配合されています。

 

アミノ酸は猫の被毛の生成をする「ケラチン」を作るのに必要な成分なのです。

 

つまりアミノ酸が欠如すると、猫の毛を作るケラチンが作れずにきれいな毛並みに生まれ変わらないということなんですね。

 

人間と同じく猫も体内でアミノ酸を生成することは不可能で食事からの摂取しか方法がありません。

 

 

 

 

このように猫の体毛を作る・維持する成分は食事でしか摂取できないものが多いんです。
(オメガ脂肪酸やアミノ酸など)

 

だから、キャットフードが毛並みの質に深く関係しているんです!!

 

カナガンキャットフードで毛並みがきれいになれば、必然的に毛玉もできにくくなります♪

 

愛猫の毛玉ケアでお悩みの飼い主様には、ぜひ一度カナガンを試してみてほしいですね♪

 

 

 

毛並みが良くないのは病気の予兆?

 

毛玉が発生する状態は、猫ちゃんの健康状態が良くないと考えられます・・・

 

というのも、毛並みが悪いのは単に体毛の状態が悪いだけではなく、病気のサインかもしれないからなんです。

 

 

では、毛並みができるときに要注意な病気をご紹介します。

 

 

 

 慢性腎不全

 

 

慢性腎不全は、ウィルス感染や細菌症などさまざまな原因から引き起こされ、体内の老廃物を排出できなくなってしまう病気です。

 

症状が悪化すると次第に、老廃物や余分なミネラル類を排出することができなくなり、尿毒症の症状が出てきます。

 

尿毒症とは蓄積された毒素が全身を巡り、異常をきたす症状です。

 

 

毛づやがなくなり、毛が抜け落ちることがある症状なので、よく毛が抜けるといった猫ちゃんは要注意です。

 

 

 

 慢性胃腸炎

 

 

慢性胃腸炎はウィルスなどが原因で食欲不振・嘔吐・毛づやが悪くなります。

 

又、毛玉が胃の中で排出されずに発症する毛球症や、寄生虫が原因となる場合もあります。

 

毛づくろいを頻繁にする猫ちゃんは要注意の病気です。

 

 

 

 猫風邪

 

 

猫風邪は細菌やウイルスによって、発熱・咳・食欲不振・下痢・おう吐などが見られ、元気がなくなり運動量も減っていきます。

 

栄養状態が悪化して毛づやが失われます。

 

毛づやが悪化してきた猫ちゃんは要注意です。

 

 

 

 毛づくろいは毛球症の原因になる

 

 

毛並みが悪いと猫は自分で毛づくろいをします。

 

しかし、この毛づくろいは毛球症になる危険性があるんです。

 

毛球症とは、毛づくろいした際に毛玉を飲みこんでしまい、うまく吐き出せずに胃の中に溜まってしまう病気です。

 

 

これは猫が吐き出した毛玉で「ヘアボール」と呼ばれるものです。

 

このような毛玉が吐き出されずに胃に溜まってしまう毛球症は、下痢・便秘になり症状が悪化すると腸閉塞を引き起こすこともあります。

 

最悪の場合は腸に穴が開いて腹膜炎を引き起こし、最悪死に至ることもあるほど恐ろしい病気です。

 

 

 

 

このような状態にならないようにするのは、普段から健康状態の良い状態を維持し、毛並みが良くなる食事を心がけることが大切です。

 

 

体が健康なら毛並みもよくなりますし、健康的な良い食事をしていれば毛づくろいも減り「毛球症」になるリスクも減ります。

 

そのためにもカナガンキャットフードで健康的なご飯を食べさせてあげてほしいですね♪

 

⇒愛猫の毛並みがきれいになる!カナガンキャットフードの公式サイトはこちら