シニア猫はNG!?カナガンキャットフードの全年齢対応は本当か?

シニア猫のキャットフード選びは慎重に

 

 

猫も私たち人間と同じように歳をとります。

 

猫は7歳以上になるとシニア猫と呼ばれるようになります。

 

シニアということは老化現象が徐々にみられるようになり、健康面も気をつけていかないといけません。

 

 

特に毎日の食事であるキャットフードは非常に影響力は高く、フード次第で健康状態は変わると言っても過言ではありません!!

 

 

  • カナガンキャットフードはシニア猫にあげても問題ないの?
  • シニアになったらシニア専用のキャットフードのほうがいいのでは・・・

 

そんな心配も多いかと思います。

 

そこで、全年齢全種の猫対応のカナガンキャットフードは本当に与えても大丈夫なのか?を調べてみましたのでご紹介致します。

 

 


シニア猫のキャットフード選びの基準とは?

 

歳をとるにつれて猫は「運動量の減少」「消化器官の衰え」「食べる力の低下」などの老化現象が現れます。

 

では、シニア猫にはどのようなキャットフードが適しているのでしょうか?

 

 

 

 低カロリーかつ栄養が豊富

 

 

シニア猫は運動量が落ちるため高カロリーなキャットフードは肥満につながってしまいます

 

肥満は様々な病気のもとになりますので、低カロリーなキャットフードにしましょう♪

 

又、食べる量も少なくなるため、少しの量でたっぷりと栄養が摂取できるものがおすすめです。

 

 

 

 穀物不使用のグルテンフリー

 

 

 

穀物は猫にとって消化しにくい原材料です。

 

シニアになれば成猫よりも消化能力がより下がるので気を付けましょう。

 

原材料に米、とうもろこし、小麦などが使用されていたら穀物が入っていると考えてください。

 

市販のキャットフードでは、なかなかグルテンフリーキャットフードがないのが現状です・・・

 

 

 

 人工添加物を使用していない

 

 

人工添加物は発がん性物質を含んでいたり、甲状腺の異常をもたらす危険性があります。

 

猫はもともと自然界の生き物ですので、フードに味をつけたり、色を付けたり、匂いを変えたりする人工添加物は不要です。

 

人工添加物は保存期間を長くしたり、粗悪な原材料をごまかすために味やにおいを変化させるために使用しています。

 

そのようなものが健康に良いわけがなく、できるだけ不使用のキャットフードを選びましょう!!

 

 

 

 フードの大きさが小粒サイズ

 

 

シニア猫は今まで食べれていても飲み込む力や噛む力が弱まり、吐いたりすることが多くなります。

 

ですので、キャットフードも噛み砕きやすい小粒タイプのものが猫ちゃんも食べやすいですよ♪

 

 

 

カナガンキャットフードはシニア猫に与えても大丈夫なのか?

 

では、カナガンキャットフードはシニア猫に適しているのか見てみましょう。

 

 

 カナガンキャットフードは低カロリー

 

 

カナガンキャットフードは栄養バランスに優れています。

 

そうなると高カロリーなイメージがあると思いますが、実は非常に低カロリーなんです♪

 

市販のキャットフードとのカロリー量の比較などカロリーについてはこちら
・カナガンキャットフードは太る!?カロリーを他の商品と比較した結果

 

 

又、猫の体を作る動物性たんぱく質もしっかりと含まれているので、健康維持に最適です。

 

シニア猫にはたんぱく質はよくないとの意見がありますが、肉食の猫にとってたんぱく質は体の健康維持に不可欠です。カナガンキャットフードは良質なチキンを原材料に使用しているのでシニアの肉体的衰えをカバーしてくれると考えていいでしょう。

 

 

 

 カナガンはグルテンフリーキャットフード

 

 

カナガンキャットフードは原材料に米、とうもろこし、小麦などの穀物を使用せず、サツマイモなどを使用しています。

 

 

シニア猫は消化不良で腎不全尿路結石などの病気も発症しやすくなりますので、内臓に優しいグルテンフリーなのは嬉しいですね♪

 

 

 

 人工添加物は一切不使用

 

 

カナガンキャットフードは人工添加物を一切使用せず作られています。

 

「添加物は百害あって一利なし」

 

私たち人間でも同じですよね!

 

自然界にない猫に不要なものが含まれていないキャットフードを与えましょう♪

 

 

 

 カナガンキャットフードは小粒タイプ

 

 

カナガンキャットフードは他のキャットフードと比較しても小粒タイプのキャットフードです。

 

 

子猫用のキャットフードはより小さいですが、シニア猫の場合は子猫ほどのサイズにしなくても問題ないと考えられます。

 

カナガンキャットフードの粒の大きさについてはこちらでご紹介
カナガンキャットフードの粒の大きさは?猫が吐き出したりしない??

 

 

 

 

このようにシニア猫に適した条件に当てはめてカナガンキャットフードを検証しましたが問題なく、グルテンフリーや人工添加物不使用などむしろシニア猫にとって適したキャットフードと考えて問題ないです!

 

 

結論 . カナガンキャットフードはシニアを含む全年齢対応のキャットフードである

 

 

 

シニア猫ってどれくらいの量を与えればいいの?

 

シニア猫は運動量や代謝が低下するので、キャットフードも成猫と同じ量を与えてはオーバーカロリーになってしまします。

 

ではカナガンキャットフードをシニア猫にはどれくらい与えればいいのでしょうか?

 

 

こちらが成猫のカナガンキャットフードの給餌量(エサの量)です。

 

 

シニア猫の場合、成猫の10%〜15%ほど少なくした量を与えるのが良いでしょう。

 

 

しかし、注意してほしいことがあります!!

 

 

それは、シニアといっても老化具合には差があるということです。

 

 

猫には7歳以上になっても活発で元気な猫もいれば、のんびり屋の猫もいます。
猫種によっては老化が早い猫や健康状態が長続きする猫もいるはずです。

 

なので、愛猫の健康状態や運動量などをよく観察してエサの量を調節することが大切です。

 

少なすぎ・与えすぎはどちらも健康によくありません。

 

猫ちゃんのことを一番知っている飼い主様がよく考えてカナガンキャットフードを与えてくださいね♪

 

カナガンキャットフードの給餌量(エサの量)についてより詳しい記事はこちら
カナガンキャットフード給餌量|1袋で何日分?1日分のコスパとは?