猫の食物アレルギー抑制にカナガンキャットフードが良いって本当!?

猫の食物アレルギーとは?

 

猫にもアレルギー症状があるって知ってましたか?

 

私たち人間と同じように食べたものに対してアレルギー反応が起きる猫ちゃんもいるんです。

 

どんなものかというと、消化しにくい物質や免疫力が低下している状態で体によくないものを摂取したときにアレルギー症状がでることがあります。

 

人間と同じく、「アレルギーを完治させるのは困難です」

 

アレルギーが発症すると完治というより抑制していくことが大切になってきます。

 

ですので、発症させないという予防が肝心なんですね。

 

では、のアレルギー抑制に効果的と言われるカナガンキャットフードは本当なのかをご紹介していきます。

 

 

猫の食物アレルギーの症状とは?

 

猫の食物アレルギーは食べたものに対して過剰な免疫反応が起きてしまう症状です。

 

では、具体的にどういった症状が猫ちゃんに起きてしまうのかをお伝えします。

 

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • お腹の張り
  • 皮膚炎
  • 体のかゆみ
  • ぐったりとする、だるさを感じる
  • 脱毛
  • 外耳炎

 

このような症状が表れます。

 

下痢・嘔吐「食べたものが原因では?」と感づきやすいですが、他にも食べ物が原因と感じにくいような症状も多いんです・・・

 

猫の病気の原因はさまざまありますが、キャットフードが要因になることが多いので、猫ちゃんに異変が起きた時は、まずキャットフードが正しいものかや愛猫に適しているかなどもしっかりと確認してくださいね。

 

 

アレルギーを発症させにくいキャットフードとは?

 

アレルギーの発症を抑制するにはキャットフードが重要ですが、ではどんなキャットフードを選べばいいのでしょう?

 

そこで、食物アレルギーを引き起こしやすい原材料をご紹介します。

 

※ご使用のキャットフードにこれらが使われていたら要注意です※

 

 

 

 

 粗悪な肉

 

 

粗悪な肉の見分け方ですが、原材料に「肉副産物」「家禽ミール」「ミートミール」と記載されているものは粗悪な肉と考えていいでしょう。

 

ミールとは、乾燥肉粉のことです。

 

これら粗悪な肉はどのような肉が使用されているかわかりません。

 

4Dミートと呼ばれる粗悪な肉が使われている危険性もあるんです・・・

 

4Dミートとは、

 

「D」EAD=死んでしまった動物の肉
「D」ISEASED=病気だった動物の肉
「D」YING=しにかけだった動物の肉
「D」ISABLED=障害のあった動物の肉

 

これら頭文字をとって4Dミートと呼ばれています。

 

 

「肉副産物」「家禽ミール」「ミートミール」がすべて4Dミートというわけではありませんが、その危険性はあることを覚えておきましょう。

 

 

 

 穀物

 

 

猫が消化しにくいものは食物アレルギーを発症させる原因になることがあります。

 

穀物は肉食の猫にとって消化しにくい物質です。

 

 

原材料に「米」「トウモロコシ」「小麦」「大麦」が記載されていれば穀物を使用していると考えてください。

 

ちなみに穀物を使用していないキャットフードをグルテンフリーと呼びます。

 

アレルギー抑制にはグルテンフリーのキャットフードが非常に好ましいです。

 

 

 

 人工添加物

 

 

私たち人間でも添加物は良くないと最近話題ですよね。

 

コンビニ弁当やマクドナルドの商品が健康に良くないと言われるのはこの添加物が多いからです。

 

この添加物・・・猫の健康にも良くありません!!!

 

人工添加物には「酸化防止剤」「香料」「着色料」などがあります。

 

パッケージに記載している原材料に人工添加物が混入しているかは注意しておきましょう。

 

酸化防止剤には、発がん性DNAの突然変異を引き起こす危険性があります。

 

香料・着色料には、アレルギーを引き起こす危険性や発がん性物質を有するものがあります。

 

細かくいうと、酸化防止剤や香料・着色料にもさらに種類がありますが、原材料にはそこまで記載されませんので、使用しているかどうかの
確認しかできないです。

 

ですので、人工添加物が使用されていないのがアレルギー発症を抑制するにはベストです。

 

 

カナガンキャットフードはアレルギー抑制に効果的なのか?

 

先ほど、アレルギーを引き起こす危険性のある原材料を紹介しました。

 

それら原材料が使われていないのがアレルギー予防に適したキャットフードと言えますね♪

 

では、カナガンキャットフードが適しているのかどうか見てみましょう!

 

カナガンキャットフードの原材料についての詳細はこちら
カナガンキャットフードの原材料|プレミアムと呼ばれる理由とは?

 

 

 良質なチキン肉を使用

 

 

カナガンキャットフードの肉はイギリス産のチキン肉が使われています。

 

しかも、鶏舎で仕切られた環境ではなく、自然環境に近い平飼いと言われる自由に歩き回れる環境で育てられた鶏ですので、運動量が多くストレスが少ないので非常に高品質なチキン肉です。

 

 

羽やくちばしといった部位は使用せず、肉の部分だけを使用しているので粗悪な肉とは素材レベルが違います。

 

又、1種類のチキン肉だけでなく消化にやさしい乾燥チキンもブレンドしているので、アレルギーの原因になる消化不良の心配も少ないです♪

 

 

 

 グルテンフリー

 

 

カナガンキャットフードは穀物を一切使用していないグルテンフリーキャットフードです。

 

代わりにサツマイモを使用することで、必要な炭水化物を取り入れています。

 

穀物のほうが低コストですが、猫の健康面を優先してサツマイモを使用しているんですね♪

 

サツマイモを使うことで、穀物より消化に良く、低カロリーなキャットフードになるんです!

 

 

 

 人工添加物が不使用

 

 

カナガンキャットフードは人工添加物を使用していません。

 

酸化防止剤が一切入っていないので、開封後の賞味期限が短いのはデメリットですが、それだけ健康面を優先して作られている証拠です。

 

香料も使ってないので、素材独特のニオイがします。人間には好きなニオイではないかもしれませんが、猫には本来の自然界の食事のニオイや味ですので市販のキャットフードとは食いつきが違います!!

 

ぜひ、食いつきの良さを比較してほしいですね♪

 

 

 

 

 

このようにカナガンキャットフードは食物アレルギーを引き起こす可能性のある原材料をできる限る使用せずに作られたキャットフードということがお分かりいただけたかと思います。

 

食物アレルギーは生後6ヵ月以降に発症する可能性があります。いつ起きても不思議ではないということです。

 

一度食物アレルギーが引き起こされると飼い主様にとっては、キャットフードを与えたりすることにも神経を使いますし、常に不安がつきまといますよね・・・

 

そうならないためにも、キャットフード選びに注意してほしいと心から願います。

 

 

もし、アレルギー症状があったり、予防したい飼い主様で今与えているキャットフードに危険な原材料が入っているならば、カナガンキャットフードを猫ちゃんに与えてあげてほしいですね!

 

猫ちゃんの好みに合うとは断言できないですが、原材料はうそをつけないですから、アレルギーに対しては良いと自信をもって紹介します!

 

カナガンキャットフードは公式サイトでの購入が最安値価格ですのでおすすめですよ♪