カナガンキャットフードは軟便になるって口コミが・・・原因は!?

 

 

「カナガンキャットフードは軟便になる」

 

そんな口コミをいくつか見ました。

 

猫の健康を第一に考えて作られたカナガンキャットフードなのにお腹に良くないの?

 

そんな疑問が湧きましたので調べてみました。

 

もし、口コミを見て不安になった方や実際に愛猫が軟便になった方がいれば参考にしてくださいね♪

 

 

カナガンキャットフードで軟便になったという口コミとは?

 

カナガンキャットフードはネットでの購入でしか購入方法がありません。

 

ネットショップでは購入者の口コミが投稿されていたりします。

 

カナガンキャットフードの口コミに関する記事はこちら
カナガンキャットフードが悪評ってマジ!?口コミで見た危険性とは?

 

 

そこで、カナガンキャットフードで軟便になったという口コミがあったのでご紹介します。

 

 

 

 

(クリックすると拡大されます)

 

 

(クリックすると拡大されます)

 

 

 

 

これはAmazonにあった軟便に関する口コミです。

 

このように一部の愛用者から軟便になったとの口コミがありました。

 

しかし、本当にカナガンキャットフードが原因なのでしょうか?そこで軟便になる理由を調べてみました。

 

 

軟便になる原因とは?対策法も教えます!

 

では、どうして軟便になってしまうのでしょうか?

 

本当にカナガンキャットフードが原因なのか?を調べたのでご紹介します。

 

 

 与える量が間違っている

 

 

キャットフードは各々与える量(給餌量)がフードによって異なります。

 

例えば、市販されているキャットフードで有名な銀のスプーンは、成猫3kgですと一日の給餌量(フードの量)は約60gです。

 

 

 

 

対して、カナガンキャットフードですと、成猫3kgの給餌量は約40gです。

 

 

 

特にカナガンキャットフードは栄養価が高いのでたくさん食べる必要がありません。

 

それなのに、適切な量を把握せず、いつもあげていたキャットフードと同じような量を与えることで腸に負担がかかり軟便になってしまう猫もいるようです。

 

 

 愛猫の給餌量を確認して、適切な量を与えましょう!!

 

 

 

 

 チキンが苦手orアレルギーがある

 

 

カナガンキャットフードは高品質のチキン肉を使用して作られています。

 

猫にとってたんぱく質は必須の栄養素なので非常に好ましい主原料です。

 

しかし、猫によってはチキンが体に合わない子やアレルギーをもっている猫もいます。

 

 

 軟便が続くなら獣医さんに相談してチキンが猫ちゃんに合っているか確認しましょう。

 

 

 

 

 ウンチを固くする人工添加物を使っていない

 

 

市販のキャットフードにはウンチを固くする「ヒートパルプ」という人工添加物が使用されているものがあります。

 

しかし、カナガンキャットフードはそのような人工添加物は一切使用されていません。

 

勿論、人工添加物は猫の健康を害するものも多いので使用されていないほうが安心です。

 

しかし、このヒートパルプが入っていないことで軟便になる可能性もあります。

 

 

 

ですが、安心してください!

 

ヒートパルプが入ってないからといって、ずっと軟便が続くわけではありません。

 

カナガンキャットフードに切り替えたときに今まであったものがなくなり、腸が変化に対応しようとした結果、軟便になっているケースが多いです。

 

そんなときは、しばらく様子を見てあげてください。腸が慣れてきてウンチも固くなってくるはずですよ!

 

 

 フードを切り替えたばかりの軟便は、慌てず様子をみましょう!

 

 

 

 

 キャットフードの切り替え方が間違っている

 

 

今まで与えていたキャットフードからカナガンキャットフードに切り替える際に正しい切り替え方を行わないと軟便や下痢になる場合があります。

 

 

これは、腸内環境が今まで摂取していたものと異なる食事になったため過剰に反応してしまうことで起こります。

 

 

 キャットフードを替える際は、正しい切り替え方法を実施しましょう!

 

キャットフードの正しい切り替え方についてはこちらを参考にしてください
カナガンキャットフード給餌量|1袋で何日分?1日分のコスパとは?

 

 

 

 

このように軟便になったのは、カナガンキャットフードが原因とは一概に言えないことがわかりました。

 

 

カナガンキャットフードは消化に悪い穀物も使用していないグルテンフリーのキャットフードですので、猫の消化には非常にやさしいキャットフードです。

 

又、マンナンオリゴ糖・フラクトオリゴ糖など腸の善玉菌を増やす原材料も含まれているので、すでに軟便や下痢の症状で悩んでいる猫ちゃんにはもってこいのキャットフードですよ♪

 

 

もし、カナガンキャットフードは軟便になるのでは?と心配されている飼い主様は、紹介した軟便になる原因をしっかりと確認してからフードを与えたり、切り替えたりしてあげてくださいね!