※療法食を食べない猫へ※糖尿病にカナガンキャットフードはOK!?

糖尿病の猫が増えています・・・

 

最近、糖尿病になる猫も増えていると心配なニュースを耳にしました。

 

そうなると、インスリン注射や血糖値があがらないような食事療法が必要になってきます。

 

  • 療法食を食べてくれない・・・
  • 糖尿病予備軍だけどキャットフードはどうすれば・・・

 

糖尿病の猫ちゃんや糖尿病を予防したい飼い主様はこのような心配事に悩まされますよね?

 

そこで、健康志向のキャットフードとして有名なカナガンキャットフードが糖尿病でもおすすめできるか調べてみました。

 

 

 

糖尿病の猫の療法食とは?

 

療法食は獣医さんが診断した結果に基づき、キャットフードを選んでくれます。

 

糖尿病の場合は、減量食タイプ高たんぱく質食タイプがメインの療法になります。

 

・減量食タイプは、食物繊維を多く含み、糖の吸収や急激な上昇を抑えてくれます。

 

・高たんぱく質食は、低炭水化物でたんぱく質を多く含み、血中への糖の流入を抑えてくれます。

 

 

糖尿病になったら、獣医さんが薦める療法食にするのがよいでしょう。

 

 

しかし、病気の改善・治療を第一に考えられた食事ですので猫にとっては「美味しくない」「食べたくない」という具合に食いつきが悪い猫ちゃんも多いです。

 

いくら療法食でも食べてくれないと意味がありません・・・

 

 

では、療法食を食べない猫にはどのようなキャットフードを選んだらいいのかをご紹介します。

 

 

糖尿病の猫にはどんなキャットフードを選べばいいの?

 

療法食を食べないという猫ちゃんには総合栄養食のキャットフードを選びましょう。

 

又、糖尿病の傾向(糖尿病予備軍)がある猫も総合栄養食にしたほうが良いですね。

 

猫の糖尿病の症状としては

  • 水を飲む量が多くなった
  • ドカ食いする(一回の食事量が多くなった)
  • 体重が減少している
  • おなかがポコっと出ている
  • 目が白く濁って見える

このような症状があれば糖尿病の可能性も考えてください。

 

では、総合栄養食のキャットフードの選び方をご紹介していきますね。

 

 

 

 高たんぱく質で低炭水化物(低カロリー)

 

 

肉食動物の猫はたんぱく質からエネルギーを得ています。
そのため多くのたんぱく質の摂取が不可欠なんです。

 

又、糖尿病の一番の大敵は「糖質」です。

 

炭水化物は糖質を多く含み、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物は糖尿病に悪い糖質まみれです。

 

糖質を多く含む穀物は「GI値」も高く、食べた後に急激に血糖値が上昇します。

GI値とは、食べ物が体に吸収されてから血糖値が上がるまでの時間を測定した値です。

 

できる限り、穀物不要の低炭水化物(低カロリー)キャットフードを選びましょう。

 

 

 

 ビタミン

 

 

ビタミンは糖質をエネルギーに変換してくれる栄養素です。

 

 

ですので、摂取した糖質がそのまま吸収されないので高血糖になるのを防いでくれます。

 

糖尿病はいかに糖質を体内に吸収しないようにするかが重要です。

 

 

 

 食物繊維

 

 

ビタミンでも紹介しましたが、糖尿病はいかに糖質を吸収しないようにするかが大切です。

 

キャットフードを食べて糖質をゼロにすることはできません。

 

しかし、食物繊維は糖質の吸収を抑えたり、血糖値の急激な上昇を防ぐ役割があります。

 

 

人間のダイエットもサラダを先に食べますよね?

 

あれと原理は同じです。

 

野菜を多く使った食物繊維が豊富なキャットフードを選びましょう。

 

 

 

 脂質

 

 

脂質って太るんじゃないの?

 

 

肥満は糖尿病にはよくないのはわかりますよね?

 

しかし、この「脂質」は猫にとってはエネルギーの源でどんどん代謝されていきます。
(人間の場合、脂質は脂肪として溜まっていきますが・・・)

 

エネルギーが足りなくなる脂質の少ないキャットフードは満腹感が得られず、必要以上にキャットフードを食べてしまい肥満になってしまいます!!(゚Д゚;)

 

なので、人間の食事やダイエットの考えとは異なるので注意しましょう。

 

 

カナガンキャットフードは糖尿病の猫にもおすすめか?

 

糖尿病のキャットフード選びについて項目ごとに解説しましたが、ではカナガンキャットフードは糖尿病の猫や予防したい猫に与えてもいいのでしょうか?

 

先ほどの項目にそって解説していきますね♪

 

 

 

 高たんぱくで穀物不使用

 

 

カナガンキャットフードは動物性たんぱく質を多く使い、たんぱく質が37%と高たんぱくです。

 

糖質を多く含む穀物も使用していないグルテンフリーです。

 

 

ですので低炭水化物(低カロリー)に仕上げられていますよ!

 

カロリーについては「カナガンキャットフードは太る!?カロリーを他の商品と比較した結果」で詳しく紹介しています。

 

 

 ビタミンが豊富

 

 

カナガンキャットフードはニンジン・リンゴ・ほうれん草などを使用していますので、ビタミンや食物繊維を含んでいます。

 

 

市販のキャットフードではなかなか野菜や果物まで使っているものがないので、これは嬉しいですね♪

 

 

 

 脂質のバランスが良い

 

 

カナガンキャットフードはエネルギー限になる脂質が20%と豊富です。

 

 

こちらがカナガンキャットフードの成分表です。

 

 

近所のドラッグストアに売ってた「ミオ〜お肉とお魚ミックス味〜」と比較すると、

 

ミオの脂質は8.5%〜です。

 

↑ミオの原材料・成分表の写真(クリックすると拡大します

 

人工添加物も使用しているのがわかりますね。

 

比較するとカナガンキャットフードが脂質量に優れているのがわかりますね♪

 

 

 

 

このように猫の健康を第一に考えたカナガンキャットフードは糖尿病の猫や糖尿病を防ぎたい猫にもおすすめできます。

 

とは言っても、糖尿病と診断された猫ちゃんは、獣医さんが薦める療法食を食べるのが一番良い選択だと考えます。

 

これは頭に入れといてくださいね!

 

 

しかし、糖尿病を予防したい飼い主様や療法食を食べないという猫ちゃんには、療法食の次の選択肢として、栄養が豊富で糖質の少ない低カロリーのカナガンキャットフードを考えてもらえればと思います。

 

【関連ページ】
カナガンキャットフードが悪評ってマジ!?口コミで見た危険性とは?
カナガンキャットフードが尿路結石の予防に効く5つの理由とは?