カナガンキャットフードが尿路結石の予防に効く5つの理由とは?

カナガンキャットフードが尿路結石にいいって本当??

 

猫ちゃんの病気で尿路結石は代表的な病気の一つです。

 

年齢に関係なく猫は尿路結石になりやすい傾向があります。

 

勿論、年齢による体の機能の低下が影響しているのもありますが、普段の食生活が大きく関係しているのは言うまでもありません。

 

ここでは、カナガンキャットフードが尿路結石の予防に効く理由をご紹介していきます。

 

 

 

カナガンキャットフードが尿路結石の予防に効果的な理由とは?

 

猫が尿路結石になりやすいのはどのようなことが原因なのでしょうか?

 

それとともに、カナガンキャットフードが予防に効く理由を解説していきます。

 

 

 尿路結石の原因になるリンを排出しやすい

 

 

尿路結石によくない成分として、リンがよくないと聞いたことがある方もいるかもしれません。。

 

しかし、リンは猫の体づくりに必要な成分ですし、摂取量を減らせばいいというものではありません。

 

リンは猫の骨や歯・細胞膜等を生成するのに必要な栄養素です。

 

 

リンがよくないといわれる理由に、リンが体内に蓄積するとマグネシウムと結合して「ストルバイト」となり、尿路結石を引き起こす原因になるといわれるからです。

 

ストルバイトとは結石の種類で、リン酸マグネシウムアンモニウムとも言われています。

 

 

しかし、リンはカルシウムと結合すると体内に排出されやすくなりますので、蓄積しにくいんですね。

 

カナガンキャットフードはカルシウムも成分に含まれていますので、猫ちゃんの体内にリンが蓄積されにくいようになっています

 

 

 

 クランベリーが配合されている

 

 

クランベリーって何!?と思われたはずなので、ご説明いたします。

 

 

クランベリーを摂取すると、膀胱炎や尿道炎といった猫の排尿器系疾患を予防する作用があります。
具体的には殺菌効果や抗酸化作用があるので、菌が原因の膀胱炎などの予防にいいということなのです。

 

市販のキャットフードはもちろん、クランベリーが配合されているキャットフードは非常に稀です。
猫の健康を考え抜いたカナガンキャットフードならではの工夫ですよね!

 

猫ちゃんに健康的な排尿をしてもらうことが尿路結石の予防につながります♪

 

 

 

 水分量が豊富

 

 

カナガンキャットフードはドライフードですが、その中でも水分量が非常に多く、割合でいうと7%です。
市販のドライフードでは2~3%が平均的と言われています。

 

食いつきに問題がなければ、より水分を摂取できるようにお湯でふやかすなどもおすすめですよ♪

 

なぜ水分量が多いと尿路結石にいいのかというと、水分不足が起こることで濃い尿が膀胱に溜まり結石ができてしまいます
さらに排尿の回数も減りますので、できてしまった結石が尿路で詰まってしまい「尿路結石」になります。

 

又、水分不足になると尿pHが正常に保てなくなりやすいです。この尿pHは適性外ですと、結石ができやすいんです。

 

 

尿結石には「ストルバイト」と「ショウ酸カルシウム」の2種類があります。

 

ストルバイトは、1〜6歳くらいによく発症し、尿pHがアルカリ性になるとできやすい結石です。

 

ショウ酸カルシウムは、7〜11歳くらいの猫ちゃんに多く見られ、尿pHが酸性なるとできやすい結石です。

 

尿pHの値が高くても低くても結石はできやすいので、正常値に保つことが大切です。

 

 

多く排尿をすることで排尿機器への負担が少なくなり、尿pHも正常値を維持しやすくなるので、食事から水分をより摂取できるカナガンキャットフードはおすすめです♪

 

勿論、純粋に水を与えることもお忘れなく!!

 

 

 

 穀物不使用のグルテンフリーで作られている

 

 

カナガンキャットフードはトウモロコシ・小麦・大麦など猫の消化に悪い穀物を一切使用せず作られています。

 

消化の悪い穀物を摂取すると、腎臓に負担がかかり、排尿機器やその他内臓系に負荷がかかります。

 

その点だけでも穀物は尿路結石によくないのですが、それだけではありません・・・

 

 

穀物は尿をアルカリ性にする作用があります

 

尿pHについては先ほど紹介しましたが、尿がアルカリ性だとリンやマグネシウムが溶けにくく結石ができやすくなります。

 

この点からもグルテンフリー(穀物不使用)のカナガンキャットフードは尿路結石の予防にいいんです♪

 

 

 

 利尿作用のあるたんぱく質が豊富

 

 

たんぱく質は肉食の猫にって不可欠な栄養素です。

 

そして、このたんぱく質はおしっこの量が増えることがわかっています。

 

つまり、排尿の数が増えるということです。

 

 

排尿の回数が増えると尿pHが正常値に保ちやすくなると説明しましたよね♪

 

栄養満点のカナガンキャットフードはおしっこの量も増やしてくれるんです!!

 

 

 

 

このように市販のキャットフードではなかなか使われていない原材料・成分がカナガンキャットフードには含まれています。

 

それは、とにかく猫ちゃんの健康を考えて作られているから!!

 

もし、愛猫の健康状態や病気を心配されていましたら、ぜひカナガンキャットフードを食べさせてあげてほしいなと思います。

 

 

カナガンキャットフードはペットショップやホームセンターなどで市販されておらず通販限定の販売です。

 

公式サイトでのご購入が一番安く購入できる販売先ですのでぜひチェックしてください♪

 

 

 

 

 

 

尿路結石になったらどうなるのか?見分け方は??

 

尿路結石はオス猫なら一生に一度はかかると言われるほど発症率の高い病気です。

 

症状はどんなものがあるのかやできるだけ早く発見するためのサインをご紹介します。

 

 

 尿路結石の症状とは?

 

 

尿路結石になると、トイレの回数が多くなりますがおしっこの量は少なくなります。

 

症状でいうと、排尿時に痛みがでて鳴き声を出したり、トイレ以外で尿をこぼしたり、尿に血が混じった血尿が出たりします。

 

 

尿路結石が進行しますと最悪の場合、尿道が塞がり尿毒症になる可能性があります。

 

尿毒症は死亡することもある危険な病気です。

 

 

 

 尿路結石の予兆(サイン)とは?

 

 

  • おしっこが赤やオレンジ色、茶色になっている
  • トイレの時間が長くなった
  • トイレにうずくまることがある
  • トイレ出ない場所でおしっこをする
  • おしっこが溜まる、でなくなった
  • お腹や足を触ると痛がる
  • おしっこの際に鳴き声をあげる
  • トイレに行く回数がととにかく多い
  • おしっこ(おしっこした砂)を見るとキラキラ光って見える(結石が排出されている)

 

このような症状が見られたら尿路結石の可能性が疑われますので、一度動物病院でみてもらうことをおすすめします。

 

猫ちゃんの様子をよく観察してあげてくださいね。

 

 

 

 

尿路結石は猫ちゃんの病気でも発症率の高い病気です。

 

予防するには食事による体調管理が重要です。

 

カナガンキャットフードは尿路結石の予防に効果的な成分が含まれています。

 

 

「苦しむ我が子を見るよりも、いつまでも元気に健康でいてほしい!!」

 

そんな飼い主様にぜひご愛用してほしいです♪

 

尿路結石の予防ならカナガンキャットフード!公式サイトはこちら